ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

株式用語集(た行)



株式に関する用語(た行)をご紹介します。

貸借銘柄

証券取引所及び証券金融会社が定める信用取引において、証券会社が証券金融会社から資金や株を調達する取引である「貸借取引」が行なわれている銘柄のこと。証券取引所による銘柄指定のひとつで、制度信用取引において空売りが可能とされている銘柄のことを指す。通常、制度信用銘柄の中から選ばれ、その中で融資株数よりも貸株株数が多くなった銘柄を「貸株超過銘柄」と言う。

大量保有報告書

証券取引所に上場している株券、新株予約権や新株予約権付社債等を発行済み株式数の5%を超えて保有することになった株主(大量保有者)は、大量保有者になった日から5日以内に内閣総理大臣(財務局長)に提出しなければならない書類のこと。

高値

ある一定期間(日・週・月・年など)において取引された中で最も高い値段のこと。始値・高値・安値・終値の4つの段階を総称して「四本値(よんほんね)」と言う。

高値引け

「引けピン」とも呼ばれ、終値がその日の最高値を付けることで、相場が上昇している時に使われる。

高寄り

寄り付き(その日の取引で最初に成立した取引)の株価が前日の終値よりも高いこと。高寄りに対して、当時の始値が前日の終値よりも安いことを「安寄り」と言う。

立会外分売

取引参加者が通常の立会内取引とは別に、証券取引所の取引時間外(立会外)で大量の売り注文を分売する売買方法のこと。分売を執行する場合には、取引所に届け出をした上で、売買立会終了後に分売の条件を発表し、翌朝に買付けの申込みを受け、売買を成立させます。

建玉

「玉(ぎょく)」とも呼ばれ、信用取引や先物取引、オプション取引などにおいて、未決済になっている契約総数のこと。信用買いにかかわるものを「買建玉」、信用売りにかかわるものを「売建玉」と呼ぶ。

単元株制度

平成13年10月に施行された商法改正で、一定株数を1単元の株式として投資単位とみなす「単元株制度」が導入された。単元株制度では、1単元の株式数は、1,000株が上限とされており、また株式総数の200分の1を超えてはならないと定められている。

第三者割当増資

「縁故募集」とも呼ばれ、業務提携の相手先や取引先、自社の役員など、特定の第三者に向けて新株式を発行して増資(資金調達)すること。この際には、新株または会社が処分する自己株式(金庫株)が割り当てられる。

代用有価証券

「代用証券」とも呼ばれ、信用取引の委託保証金(委託証拠金)を差し出す場合、現金の代わりに、株式や公社債などの有価証券で代用することが可能であり、これを「代用有価証券」と言う。

ちょうちん

有力投資家の売買を真似して同じ銘柄を売買することで「ちょうちんをつける」と言う。買いを真似ることを「ちょうちん買い」、売を真似ることを「ちょうちん売り」と呼ぶ。

直接利回り

債券の投資元本(投資額)に対して1年間に受け取る利息の比率を表したもの。この直接利回りを市場全体について平均したものを「平均直利」と言う。【計算式】直接利回り(%)=(1年当たりの受取利息÷投資元本)×100

追加型投資信託

追加型投資投信は、「オープン型投資信託」や「オープンファンド」とも呼ばれ、投資信託設定後も随時、購入・換金できる(資金の追加設定ができる)投資信託のこと。契約型投資信託は、「単位型投資投信(ユニット型投資投信)」と「追加型投資投信(オープン型投資投信)」の2つに分けられる。

つなぎ売り

「保険つなぎ」とも呼ばれ、値下がりのリスクを回避するために、値下げが予想された場合などに、保有している現物株式を売却せずに信用取引を利用してカラ売りをする手法のこと。カラ売りをしてから株価が値下がりしても、買い戻すことによって差額分の利益を得ることができ、値下がりによる損失を総裁することができる。

TOB

株式公開買付(公開買付け)のことで、「Take Over Bit」の略。

手仕舞い

顧客が証券会社から借りている株券や資金を返済することにより現金化し、保有するポジションを減らすことや消滅させること。を手仕舞いと言う。手仕舞いの方法には、反対売買、現引き、現渡しがある。

出合い注文

「出合い」は、「売り買いの注文の条件が合い、売買が成立する=出合う」を意味し、「出合い注文」は、売買したい金額(指し値)の注文を、期間を指定して約定もしくは取り消されるまで注文をし続けることを言う。通常、証券取引所に発注された注文は、1日のみ有効なので、出合い注文を受けた証券会社は、指定した日まで、毎日証券取引所に発注をする。

ディーリング

証券会社自身が売買を行なうことを「ディーリング」と言う。これに対してお客様の注文を取引所等に発注することを「ブローキング」もしくは「ブローカー業務」と言う。

デイ・トレーダー

1日の株価の変動を利用して売買を何度も行ない利益を得る、超短期的な投資を行なう投資家のこと。手数料の安いネット証券の誕生により、株価変動が少なくても利益を出すことが可能となったことから、このような超短期的な投資を専業とする個人投資家を「デイ・トレーダー」と呼ぶようになった。

出来高

株の売買が成立した株数のことで、別名「売買高」とも言う。仮に、売り注文が100株、買い注文が100株あり、買い手と売り手の希望金額が折り合って売買が100株成立(約定)した場合、出来高は100株となる。出来高は市場全体の勢いを示すバロメータと言われており、出来高が多く株価も高い場合、相場は強く、逆に出来高が少なく株価も低いと相場が弱いとされる。また、株価の変動よりも出来高の変動が先行するため、出来高を見て株価を予測することができる。

デリバティブ

融派生商品と言われ、金融取引や実物商品・債権取引の相場変動によるリスクの低減、及びリスクより高い収益性を追及する手段として開発された金融商品の総称。デリバティブの取引には、もとになる金融商品について、将来売買を行なうことを事前に約束する取引(先物取引)や将来売買する権利を事前に売買する取引(オプション取引)等がある。

デルタ

オプションの価格変動を予測する指標として、デルタ、ガンマ、ベガ、セータの4つがあるが、「デルタ」はその内の1つ。デルタは、原商品の価格変化に対するオプション価格の変動率を表し、0から1の間の値で表す。デルタ値が1に近づく程、オプション価格は原商品の価格変動の影響を大きく受け、逆にデルタが0に近づく程、原商品の価格が変動してもあまり影響を受けない。このデルタの利用により、オプションの価格変動リスクを回避することに役立てることができる。

当日決済取引

売買契約締結の日に決済を行なう売買。売買成立に伴う受渡日は、普通取引で4営業日目(当日含む)であるが、当日決済取引は、原則当日となる。当日決済取引は、株券や現金が急に必要となった場合や、売買契約を誤って行なった場合等に利用される。ただし、当事者が合意した場合は、決済日を翌日まで繰り延べることができる。

特定口座

投資家の申告手続きを軽減することを目的に導入された制度。特定口座には、「特定口座・源泉徴収あり」、「特定口座・源泉徴収なし」の2種類があり、「特定口座・源泉徴収あり」を選んだ場合は、売却益にかかる課税に対する確定申告など、必要な申告手続きはすべて証券会社が株の利益から税金を自動で天引きしてくれるため、自分で確定申告する必要がない。「特定口座・源泉徴収なし」は、証券会社が源泉徴収をせず、年明けに証券会社から送られてくる1年間の売買損益報告書を持って、自分で確定申告を行なう。なお、「一般口座」の場合は、株の損

特別分配金

追加型株式投資信託の収益分配金のうちのひとつ。追加型株式投資信託の収益分配金には、「普通分配金」と「特別分配金(元本払戻金)」の2つがあり、「特別分配金」はファンドで支払われる収益調整金を原資とする分配金のことを言う。追加型株式投資信託は、受益者毎に取得価額が違うため、分配落ち後の基準価額と各受益者の個別元本とを比較し、個別元本と同額または上回ると課税扱いとなり「普通分配金」が支払われる。逆に、個別元本を下回ると、その下回る分に相当する額の分配金は「特別分配金」とみなされて非課税扱いとなる。

トラッキングエラー

リスクを測定する尺度のひとつで、「アクティブリスク」とも呼ばれる。ベンチマーク(投資商品の収益率や特定の銘柄の騰落率等を比較・評価するための指標)の収益率と運用しているポートフォリオ(運用資産の構成状況)の収益率との差を表しており、差が大きければ大きい程、運用する資産状況にリスクあることを意味する。他に、投資信託(ファンド)の運用成果を評価する尺度としても使われている。

取組み

「取組み」とは、信用取引の売残高や買残高の状態、またはその状態のことを言う。制度信用取引では残高の継続が最長で6ヵ月で、その決済を反対売買で行なうことが多いため、買残高は将来の売り注文、売残高は将来の買い注文となることが想定される。また、「売残高÷買残高(%)」を取組比率と呼び、取組比率が小さい場合は「取組みが悪い」、取組比率が高い場合は「取組みがよい」と言われる。この買い残と売り残の取組み状態は、相場の先行きを見る上で、重要な指標となる。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。