ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

四季報の見方



「四季報(会社四季報)」とは、すべての上場企業の情報を集約した書籍で、東洋経済新報社から年4回(1月、4月、7月、10月)発行されています。投資家にとっては、投資銘柄を選ぶ上での重要な情報源となります。

四季報の重要性

四季報の重要性

四季報には、上場しているすべての企業の情報が掲載されているため、投資家にとって「辞書」のようなものです。ひとつの企業に関する情報量としては多くはありませんが、投資判断に必要となる様々な指標が示されている他、長年にわたって上場企業について調査を実施している東洋経済新報社の記者によるコメントも載っており、多くの投資家が投資の参考としています。

また四季報は、企業の実績や見通し(予測)を確認して投資の際の資料とするだけでなく、「四季報の予測を見た多くの投資家がどのように動くのか」を考えるための資料としても利用できます。

四季報の掲載事項

企業の特色や従業員情報の他、証券コード、銘柄名、決算期、設立・上場の時期など、株式投資の際に参考となる様々な情報が掲載されています。なお、本社・支店の所在地や電話番号といった会社概要も掲載されています。

企業の基本情報
企業の特色や従業員情報の他、証券コード、銘柄名、決算期、設立・上場の時期など、株式投資の際に参考となる様々な情報が掲載されています。なお、本社・支店の所在地や電話番号といった会社概要も掲載されています。
株主情報
株主数や大株主の情報が掲載されています。外国人株主の割合と投資信託の割合、浮動株(50単元未満の小口株:流動的に市場で取引されている株)の割合と特定株(大株主が所有している株)の割合も確認できるため、国際優良銘柄(国際的に競争力を持っている株)を探す際の参考となります。
役員情報、グループ会社(連結)情報
企業の経営を担う役員の情報、及び企業の業績に直接影響するグループ会社の情報を掲載しています。
業績・財務情報(損益計算書・貸借対照表・キャッシュフローの主要項目)
損益計算書の主要項目である、「売上高」「営業利益」「経常利益」「当期純利益」が集約されています。過去の業績と今後の予測も記載されているため、今後の経営を分析するための資料となります。
配当情報
過去に実施した配当金のデータと、今後の推移予測を掲載しています。配当金の増減はないかどうか、配当利回り率はどの程度かを確認できます。
株価情報(チャート・資本移動)
1949年(東京証券取引所で株式売買が開始された年)から近年までの高値(一番高い株価)と低値(一番低い株価)を掲載しています。また、過去2年間とその年の高値・安値に加え、その年の月間の高値・安値も確認できます。なお、過去3年超の株価チャート(月足)も掲載されます。増資や株式分割、自社株買いなど過去の資本移動も掲載されます。
東洋経済新報社のコメント
四季報を発行している東洋経済新報社の記者が、企業について徹底的に調査した上で、企業の現状と今後の見通しをコメントしています。「下方修正」「増益」など、株価の動向に影響をきたすコメントには要注意です。