ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

株価チャートの見方



「株価チャート」とは、株価の動きをグラフに表したもので、「ローソク足」や「移動平均線」によるグラフが多く用いられます。ここでは、これらのグラフの見方(分析方法)をご紹介します。

投資は自己責任となりますので、当サイトを参考に行なった売買でいかなる損害が生じても、弊社は損害に対する責任は負いません。

ローソク足

ローソク足

ローソク足は、見た目がローソクに似ているため、そう呼ばれるようになりました。基本的なローソク足は、四角の枠の上下に線が記入されています。

まず、枠の中が白い場合と黒く塗られた場合があります。これは、終値と始値の値動き(上がったか下がったか)を表しています。白の場合は終値が始値より高かった(上がった)こと、黒の場合は終値が始値より低かった(下がった)ことを表し、それぞれ「陽線」「陰線」と呼ばれます。

また、上下に記入された線は「ひげ(上ひげ・下ひげ)」と呼ばれ、その期間の高値と低値を表しています。

ローソク足は、期間によって呼名があります。1日の場合は「日足(ひあし)」、1週間の場合は「週足(しゅうあし)」、1ヵ月の場合は「月足(つきあし)」、1年間の場合は「年足(ねんあし)」と呼ばれます。

上昇・下降の判断基準

ローソク足の形状によって、株価の値動きを予測することができます。主な形状と値動き予測をご紹介します。

主な形状 値動き予測
ひげのないローソク足

ひげのないローソク足(四角の枠のみ)の場合、陽線(白)は上昇が続き、陰線(黒)は下降が続くと予測されます。

上ひげか下ひげのみが長いローソク足

また、四角の枠がなく、上ひげのみが長いローソク足(逆T字:トウバ)の場合、下降傾向となり、特に高値圏で出た場合は暴落の危険があると言われています。

下ひげのみが長いローソク足(T字:トンボ)の場合は、上昇傾向となり、安値圏においては高騰のチャンスとなります。

上ひげと下ひげが同様に長いローソク足

上ひげと下ひげが同様に長い(十字線の)場合、安値圏では上昇、高値圏では下降の傾向となります。

移動平均線

移動平均線は、過去の株価平均の推移です。株価平均を取る(集計する)期間によって、短期線(5日、25日など)、中期線(13週など)、長期線(52週など)と分類されます。

例えば、5日移動平均線の場合、4日前から当日まで5日間の株価(終値)を合計して5で割ったものが、平均値となります。この平均値を1日ずつ計算して、グラフでつないだものが、5日移動平均線です。(下図参照)

4日前から当日まで5日間の株価(終値)
4日前から当日まで5日間の株価(終値)


210+220+210+205+200=1,045
1,045÷5=209
平均値は209です。

上昇・下降の判断基準

投資家は、移動平均線とローソク足(株価)を比較したり、期間の異なる移動平均線を比較するなどして、株価の上昇傾向や下降傾向を判断します。

基本的な判断基準を2つご紹介します。

移動平均線と株価は大きく乖離しない(いずれは収束する)

株価の平均的な過去の動きが移動平均線となるため、株価と移動平均線が大きく乖離している場合や離れていく動きをしている場合は、「株価が大きく動きすぎている」と判断できます。

そのため、移動平均線と株価はいずれ収束するものとして、投資判断を行なうと良いでしょう。(株価が移動平均線よりも大きく上回っているときは売却チャンス、下回っているときは購入チャンスと考えられる。)

短期と中・長期の移動平均線がクロスしたら相場傾向が変化する(ゴールデンクロス・デッドクロス)

株価が上昇に転じると、短期線・中期線・長期線の順で、移動平均線も上昇に向かいます。こういった、期間の異なる移動平均線の特性から売買タイミングを判断する指標として、「ゴールデンクロス(上昇傾向)」と「デッドクロス(下降傾向)」があります。

ゴールデンクロス 【ゴールデンクロス】
短期線が中・長期線を下から上に突き抜けたときを指します。
デッドクロス 【デッドクロス】
短期線が中・長期線を上から下に突き抜けたときを指します。