ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

株式投資の注文方法



証券会社を通して株の注文を行なう場合、「成り行き」「指値」「逆指値」などの注文方法があります。
ここでは、それぞれの注文方法についてご説明します。

成り行き(成行)

成り行き(成行)

「成り行き注文」とは、株価の値段を指定せずに行なう注文方法です。

値段(株価)の指定がないため、思った通りの株価で売買できない危険性がありますが、ストップ高・ストップ安といった要因がない限り、ほとんどの注文は成立するでしょう。

成り行き注文は、特に株価の急騰・暴落といった事態が予測される場合やどうしてもその銘柄を入手したい場合に使用されていますが、思わぬ高値・安値で注文が成立してしまうというリスクは否めません。

A社の株をどうしても買いたい場合に、「成り行き」で買い注文を出します。前日の株価が1,000円だった場合、300円以上の値動きがなければ(ストップ高・ストップ安)注文が成立します。

指値

指値

「指値注文」とは、自分の希望する株価(売る場合は高値・買う場合は安値)を指定して、その値段となった場合に株を売買する注文です。

通常、「○円以上で売り」「○円以下で買い」といった注文を行ないます。

指定の株価にならずに注文が成立しない場合もありますが、予定外の株価で売買が成立することはありません。

B社の株を5,000円以上で売りたい場合に、「指値5,000円」で売り注文を出します。もし株価が5,000円以上となれば注文が成立しますが、株価が5,000円に満たなかった場合は成立しません。

逆指値

逆指値

「逆指値」とは、「指値注文」同様に自分の希望する株価を指定して、その値段となった場合に株を売買する注文ですが、「○円以上で買い」「○円以下で売り」と、買う場合の高値・売る場合の安値を指定する注文です。

売り逃しの防止や、損切り(株の暴落による損失をできるだけ抑えること)といった目的で行なわれています。

乱高下の激しいC社の株を4,000円で買ったけれど、損失は1,000円までに抑えたいという場合に、「逆指値3,000円」で売り注文を出します。もし株価が暴落した場合、注文が成立し、損失を1,000円に抑えることができます。