ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

株式会社と株式市場のしくみ



ちょっと難しいかもしれませんが、株の本質にかかわることなので「株式」「株式市場」「証券取引所」「証券会社」について少し確認しておきましょう。

もしあなたが、株式投資を始めようと思ったら、必ず付き合わなくてはならないのが、証券会社。そして、どの証券会社を選ぶかは、私たちの判断なのです。

株式ってどこで買ったり売ったりできるの?

株式会社と株式市場のしくみ

株を買うときにどこへ行けばいい?という問いの答えは、一般的には「証券会社」です。

正確には、「証券会社を通じて証券取引所などの株式市場から株を買う」のです。証券会社はあくまでも取引を仲介するのが仕事で、株を買うのは「あなた」、売るのは「他の投資家」。

売買する仲を取り持つのが「証券会社」という関係です。そして、その株を売買するところが「株式市場」です。

株式市場は「場所」を表す言葉ではなく、株の売買がされているところを指すので、店頭(JASDAQ)株が売買される証券会社間での電話のやりとりや、インターネットによるバーチャル取引も「株式市場」と呼ぶことができるのです。

株式市場とは?

株式市場は、「発行市場」と「流通市場」の2つから成り立っています。

発行市場は、企業が新しく資金を求めるときに発行する株式を、多くの人に売り出す市場のことで、株式投資家と会社と証券会社とで成り立っています。

また、流通市場は、すでに発行されている株式が投資家の間で売買される市場のことです。株式投資家と証券会社と証券取引所とで成り立っています。

流通市場では、株式投資した資金は、株式を売却することで、いつでも回収することができ、また新たに株式投資したいときには、いつでも株式を買うことができます。

証券取引所とは?

株式の売買注文を、特定の場所に集め、公正な価格で、いつでも安心して株式の売買ができるように設けられているのが、証券取引所です。

証券取引所では、一定の資格を持った証券会社を通じて集められた売買の注文がスムーズに取引できるようにする施設を設けたり、売買が正しく行なわれるように取引のルールを決めたり、取引を監視したりしています。

取引のルールには、

  1. 個々の会社の株ごとに、一番高く買いたいという注文と、一番安く売りたいという注文との間で売買する「価格優先の原則」
  2. もし同じ値段で買いたい、または売りたいという人がいたら、早い者勝ちで、早く出した人の注文から株を取引する「時間優先の原則」

などがあります。

こういった証券取引所は、日本では東京や大阪など全国に5ヵ所あります。

証券会社とは?

証券会社の主な業務は4つあります。

  1. 有価証券の売買を客からの委託で行なう委託売買業務
  2. 自社の判断と勘定で売買する自己売買業務
  3. 有価証券が発行される場合、発行者である団体や会社から 有価証券を買い取って投資家に売る引受業務
  4. 発行者が有価証券の募集や売出しをする際の取得申込みの勧誘業務

証券会社は、これまで大蔵省から免許を受けないと営業できませんでした。それが、ビッグバンに伴う規制緩和によって、1998年12月から大蔵省に届出をするだけでよくなりました。そのため、外資系や商社、銀行など他業種系の新規参入も相次いでいます。

従来の証券会社だけでなく、そういった新規参入組を含めた競争が活性化することで、証券会社のサービスは向上していくと言えるでしょう。