ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

株式ってなんだろう



株を始めようと思っている方、不安のある方、一度扉を開けてみませんか。

株式についてのノウハウを分かりやすくご紹介します。

そもそも株ってなんでしょう?

そもそも株ってなんでしょう?

会社がビジネス活動を展開していくためには、当然資金が必要ですよね。毎日のように耳にする「株式会社」という言葉。株(株式)を発行している会社が、「株式会社」ということなのです。 では、この株(株式)とは何でしょうか。

株式会社は、自社の事業内容などを多くの人々に説明し、資金を出資してもらうように広く一般に募ります。こうして集めた資金を使って事業に励み、利益を上げることが、株式会社の本来の目的です。

つまり、会社は「利益を上げるように事業活動を行いますから、出資しませんか?会社が儲かったら、その利益は出資してくれた皆さんにも、その持ち分に応じて分けます。でももし儲からなかったら、出資してくれた資金はすべてなくなってしまうこともあるかもしれません。」という条件で、皆さんから資金を集めるということです。

そして、出資された資金が株式会社の「資本金」で、出資した人を「株主」と言い、株主であることを証明した証書である有価証券が「株券」です。

株主になるとどんないいことがあるの?

株主の法律上の権利としては、大きく分けて3つあります。

1. 会社の経営に参加できる。
代表的なものが、株主総会に出席する権利。一定の株数を持っている株主なら誰でも参加できます。その他、会社の帳簿を閲覧する権利や、取締役の解任を求める権利などもあります。
2. 利益の分配を受けられる。
会社の利益を「配当金」という形で受け取れる権利です。配当金とは、会社の利益に準じて、株主に分配されるものです。また、最近急成長の会社の中には、1株当たりの配当金は増やさずに、株式を分割して実質的に増配するという方法をとる会社も増えています。
3. 会社が解散したときに残った資産の分配を受けられる。
もちろん、株価が上昇し、株式を売却した場合に売却益を得るというメリットや、株主優待などの楽しみもあります。

株式投資のリスクとは?

どんな時に使うの?

銀行や郵便局の預貯金(元本保証商品)と比較してみましょう。

銀行や郵便局の預貯金の場合、あなたが最初に預けたお金(元本)は、一定期間預けておくだけで、必ず決められた利息がつきます。これに対して、株の場合、預貯金の利息に当たるものが配当金だと考えることができます。

配当金は、1年に1度か2度支払われますが、金額は決まっていません。あくまでも会社の儲けに応じるものですので、もちろん配当金が0円ということもありえます。

次に株価ですが、会社が成果を上げ、株価が2倍になれば、あなたの株も2倍の価値を持つことになります。配当金も増えます。そのときに株を売却すれば、元本は2倍になるわけです。

しかし、業績が悪いと株価は下がり、あなたの株の価値も下がってしまいます。つまり、元本が大きく減ってしまう可能性もあるのです。これが、株のリスクです。

株にはリスクがあるという点が、安全確実と言われる預貯金と大きく違う点です。この点を十分理解し、株式投資することが大切です。