ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

世界の通貨 アメリカ合衆国 ドル



世界の通貨の特徴を知ることは、株式投資や債権投資、FX(外国為替証拠金取引)、先物取引などを有利に進めるために欠かせません。

ここでは、世界の基軸通貨であるアメリカ合衆国ドルについてご紹介しましょう。

アメリカ合衆国ドルの概要

アメリカ合衆国ドルの概要

アメリカ合衆国ドルはアメリカ合衆国共通の通貨であり、通称「USドル」や「米ドル」、「アメリカドル」と呼ばれています。世界で最も流通している通貨だということから、国際決済通貨や基軸通貨として利用されています。記号は「$」、ISO4217(各国あるいは各地域の通貨の名前を3文字のコードで記述する国際基準、通貨コード)では「USD」で表記されています。

アメリカ合衆国ドルの特徴

アメリカ合衆国ドルの特徴

アメリカ合衆国ドルの大きな特徴としては、国際間の取引に使われる「国際決済通貨」や、金や原油などの取引に使われる「基軸通貨」として利用されている2点が挙げられます。また、他の通貨と比べて圧倒的な取引量と、それに伴う情報量の豊富さを誇る世界の中心的な貨幣といえます。多くの証券取引において、初心者でも比較的取引のしやすい通貨としても知られております。

上昇と下降の要因

上昇と下降の要因

アメリカ合衆国が変動する要因は様々です。最も中心的なのは通貨対策による要因であり、今までもプラザ合意による大規模なドル安政策や、クリントン政権時代の強固なドル高政策など、アメリカの通貨に対する誘導が世界市場に大きな影響を及ぼしてきました。それ以外にも世界全体の4分の1を占めるGDP(国内生産)や一般的な失業率も変動の要因に挙げられます。また、一般的な政権による影響としましては、共和党政権の場合は、規制を出来る限り排除しようという「自由貿易主義」的なのでドル高へと誘発しやすいです。一方、民主党政権の場合は輸入を規制し、国内産業を保護する「保護貿易主義」的なので、ドル安を誘発しやすいです。

取引のメリット

取引のメリット

世界中で広く流通していることから、保有していること自体に価値を見出すことができます。近年では、かつての影響力は薄れつつあるとされていますが、安定した国際通貨であることに変わりはありません。さらに、アメリカは現在においても人口が増え続けています。これは今後も止めることのない成長を期待する上で、とても重要なことです。それこそが、継続して保有することがメリットとなるひとつの側面でもあるのです。

取引のデメリット

取引のデメリット

メリットの部分でもご説明しましたが、アメリカドルに以前ほどの世界的な影響力はありません。近年ではデータとしても、アメリカ合衆国ドルの価値は下落傾向にあります。また、世界中の投資家が常にアメリカ合衆国ドルの動向に注目し、アメリカの経済情報に敏感になっていることにも注意が必要です。連続してアメリカドルが下がった場合に、早急に売りを出して一時的に他の通貨に避難する現象もしばしば見られます。