ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

先物取引の進め方 ②証券総合口座を開設



証券会社を通して先物取引を行なう場合には、証券総合口座の開設が必要になります。ここでは証券総合口座の開設方法をはじめ、資金の入金、取り引きまでの流れをご紹介します。なお、証券総合口座に投資家が預けた資金は自動的にMRF(マネー・リザーブ・ファンド)で運用されます。

証券総合口座とは?

証券総合口座とは?

証券総合口座とは、証券取引における売買代金の受け渡しなどができる口座を指します。以前は、売買ごとに証券会社への送金・証券会社からの振り込みが必要でしたが、1997年(平成9年)の金融ビッグバン以降は証券総合口座が活用されています。

MRFとは?

証券総合口座では、入金した資金はMRF(マネー・リザーブ・ファンド)という安全性が高い債券(国債、地方債、公社債など)の運用に投資されます。そのため普通預金に預けるよりも少し高めの利子が付きます。元本保証ではありませんが、現在まで元本割れしたことはありません。MRFを購入したくない場合は、証券口座の開設時に申請することができます。もちろん、資金はいつでも手数料なしで引き出すことが可能です。

証券総合口座の利用

証券総合口座のサービスは証券会社によって異なりますが、株式や債券の購入・売却代金の受け払いに対応する他にも、様々な機能を持っていることがほとんどです。公共料金の引き落とし、給与の振込みなどの機能を持っている以外にも、金融機関のATMやCDで入出金ができるキャッシュカードの発行、クレジットカード代金の引き落とし、取り引きに応じたポイントサービスが付くものもあります。

証券総合口座を開設

証券総合口座を開設

証券総合口座の開設には、証券会社に申込書を提出して審査を受ける必要があります。申込書の提出方法としては、証券会社などの窓口で記入する方法と、電話やインターネットで資料請求を行ない、必要事項記入の上、申込書を返送する方法があります。申込書には住所や氏名といった基本的な情報の他、年収や投資経験・目的、金融資産などを記入する項目があります。これは金融商品取引法で定められている「適合性の原則」のルールに則っており、投資経験や投資目的、金融資産にそぐわない人を勧誘してはいけないという要件を、証券会社は満たす必要があるからです。

申込書には記入する際に注意の必要な項目もありますので、直接窓口へ出向いて申請を行なうとスムーズでしょう。窓口での申請には、印鑑、運転免許証・パスポートなどの本人確認書類、本人の金融機関(銀行、郵便局など)の口座番号の控えなどが必要になりますので、事前によく確認しておきましょう。

取引の開始

取引の開始

審査が終わって口座が開設されると、証券会社から口座番号や暗証番号、オンラインの場合はIDやパスワードが記載された書類が届きます。先物取引の場合はここから「先物・オプション取引口座」の開設が必要となります。申請手続きの方法は各証券会社により異なりますが、多くはウェブサイトにて「先物・オプション取引口座」の申し込みを行ない、口座開設審査を受けることになります。審査終了後は、さらに署名と捺印を記載した申込書の送付が必要な場合と、メールにて「先物・オプション取引口座」の開設完了の連絡を受ける場合があります。「先物・オプション取引口座」開設までの流れは、事前にウェブサイトにて知ることができるので確認しておくと良いでしょう。

以上が完了となりましたら、いよいよ取り引きが開始できます。入金は銀行窓口やATMからの振り込みの他、インターネットバンキングでパソコンや携帯電話から入金することも可能です。取引や預かりの状況は定期的送られてくる、「取引残高報告書」でや、ウェブサイトの口座管理画面で確認することができます。