ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

先物取引のメリットとリスク



どのような証券取引において、メリットとデメリットはあります。もちろん、先物取引も例外ではありません。先物取引は「ハイリスク・ハイリターン」の取引だといわれています。これは少ない投資で大きな利益が見込める一方、常に想定外の損失を生み出す危険性を抱えることになります。ここでメリットとデメリットをよく理解しておき、自分の資産に見合った先物取引を心掛けましょう。

先物取引のメリット

先物取引のメリット

価格変動による影響を避けるリスクヘッジなど、損失を回避することだけが先物取引のメリットではありません。先物取引のメリットとして代表的なものをご紹介します。

「買い」と「売り」どちらでも取引ができる

先物取引では「買い」だけではなく、「売り」からでも取引を行なうことが可能です。これはいい換えれば、相場が上がるときも下がるときも、利益を生み出すチャンスがあるということになります。将来に必ず値上がりすると予想すれば「買い」の取引に入り、結果値上がりすれば「売る」ことで利益を得ます。反対に、将来に絶対に値下がりすると予想すれば「売り」の取引に入り、結果値下がりすれば「買い」を出すことで、その値幅の差額を利益として得ることができます。

小額の資金から取引ができる

取引を始める際に必要な資金は、総取引金額の5~10%です。つまり、預けた証拠金の10~20倍という大きな取引をすることができるのです。取引をした際にも、少しの価格変動で大きな利益を生み出すことが可能です。もちろん、この要素はメリットだけではなくデメリットにもなり得ます。小額で取引を行なえるということは、それだけ簡単に手を出せるということにも繋がります。

短期間で利益を生み出すことができる

商品先物取引の場合、対象となるのはガソリンや原油など価格変動の振り幅が大きな商品であることが多いです。もし予想通りに価格の動いたときには、わずかな期間で大きな利益を得ることが可能になります。

先物取引のデメリット

先物取引のデメリット

商品先物取引を行なう祭は、特にデメリットをよく理解しておく必要があります。仕組みを理解しないまま取引を進めると、複雑な支払いや損失を生み出す結果になる場合もあります。先物取引のデメリットとして代表的なものをご紹介します。

元本保証がされていない

先物取引は株式取引などと同様に、投資資金に対する元本の保証はされていません。株取引は投資した企業が倒産し、価値がゼロになっても元本を超える損失はありませんが、先物取引の場合は相場が想定と反対の動きがでたときには、追加の資金投入、または元本を超える損失が発生することもあります。

証拠金の追加

これは「証拠金取引」であることの特徴でもあり、相場が予想に反した動きをして大きな損失がでた場合に、追加で証拠金を納めなければならない制度が存在します。こちらは総取引量に対する証拠金の割合が一定値下回った場合に発生し、場合によっては少しの価格変動で大きな証拠金の追加が必要になることもあります。

取引のリスクが大きい

こちらはメリットの項目にもあるように、小額の資金で大きな取引ができることにも繋がります。単純に大きな利益が望める反面には、常に相場が予想に反した動きを見せた場合に大きな損失が発生するということをよく理解しておかなければなりません。