ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

FX(外国為替証拠金取引)の進め方
②証券総合口座を開設



FX取引を始めるには、まず口座開設が必要です。口座開設は意外と簡単にできるもので、店頭に足を運ばなくてもインターネットで申し込みができます。口座を開設すると、すべての取り引きがひとつの口座でできます。

証券総合口座とは?

証券総合口座とは?

証券総合口座とは、証券取引における売買代金の受け渡しなどができる口座です。以前は、売買ごとに証券会社への送金・証券会社からの振り込みが必要でしたが、1997年(平成9年)の金融ビッグバン以降は証券総合口座が活用されています。

証券総合口座でできること

証券総合口座のサービスは証券会社によって違いますが、株式や債券の購入・売却代金の受け払いに対応する他にも、様々な機能を持っていることがほとんどです。

公共料金の引き落とし、給与の振込みなどの機能を持っている以外にも、金融機関のATMやCDで入出金ができるキャッシュカードの発行、クレジットカード代金の引き落とし、取り引きに応じたポイントサービスが付くものもあります。

FXの口座開設の流れ

FXの口座開設の流れ

取引する証券会社が決まったら、いよいよ口座開設です。ここでは口座開設から取引を開始するまでの流れをご紹介します。

証券会社のウェブサイトにアクセス
FXの口座開設は、店頭に行かなくてもインターネットで申し込みができます。まずは取引する証券会社のウェブサイトにアクセスを。
新規口座申込ページ
「新規口座開設」のページへ進みます。
取引規定に同意
約款や取引規定の説明がありますので、しっかり目を通し、リスクなどを確認しましょう。取引規定に同意できるようであれば、次へ進みます。
個人情報を入力
いよいよ口座の開設手続きに移ります。個人情報を記入する申し込みフォームに、自分の氏名や連絡先など必要事項を入力し、送信します。
必要書類を送付
個人情報を送信したら、別途本人確認書を証券会社へ、メール、FAX、郵送のいずれかで送ります。本人確認書とは、運転免許証や健康保険証、パスポートのコピーなどです。
身元審査
送った情報は証券会社側で簡単な審査が行なわれます。審査はおよそ1週間程度を要します。
口座開設メールが届く
身元審査で特に問題がなければ、およそ1~2週間程度で証券会社から口座開設の通知メールが届きます。その後、ユーザーIDや振込銀行口座番号が郵送で通知されるので、失くさないように管理しておきましょう。
取引スタート
これでようやくFXの取引が可能となります。口座開設の案内に記載された口座に入金を行なうことで 取引が開始できます。

複数の口座を開設するのもおすすめ

複数の口座を開設するのもおすすめ

証券会社によってサービスは様々です。例えば、「情報量が多い」「経済指標の開示が早い」「売買のタイミングのお知らせがくる」「自動売買が可能」「スワップ金利が高い」など。目的に合わせ、複数のFX口座を開設して使い分けるのも便利です。