ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

FX(外国為替証拠金取引)とは何か



個人投資家の間で人気が高まっているFX(外国為替証拠金取引)。世界的な金融と経済の混乱において、FXは円高でも円安でも利益を得ることができるという最大の強みがあります。また、外国為替相場は24時間取引可能で、いつでも無理なく取引ができるといった点も魅力のひとつです。そんなFXの基本をここでは紹介します。

FX(外国為替証拠金取引)とは

FX(外国為替証拠金取引)とは

FXとは、「外国為替証拠金取引」のことです。外国為替を英語で「Foreign eXchange」というので、FとXを取って、「FX」と呼ばれるようになりました。FXは、取引業者に一定の証拠金(保証金)を預けて外貨を売買し、そこに生じる為替差損益を得るという金融商品です。「為替差益」とは、為替レートの変動によって得られる利益のことをいい、円高で外貨を買って円安で売ることで得られます。逆のことが行なわれると為替差損を被ります。

外国為替とは

外国為替とは

外国為替とは、異なる2国間の通貨を交換することをいいます。海外旅行の際に、日本円を現地の通貨に両替するのも、一種の外国為替です。その交換比率を為替レートと呼びます。

外国為替市場の仕組み

外国為替市場の仕組み

外国為替取引を行なう場所を外国為替市場といいます。これは、電話やコンピュータでつながるネットワークのことを指し、24時間、世界中のどこかで取引が行なわれています。現在、外国為替市場では、金融機関や事業会社、個人などが、さまざまな理由や目的に基づき、取引を行なっています。

外国為替取引は、「貿易取引」「資本取引」「投機取引」「公的取引」の4つの取引によって、外貨は日々交換され、相場は刻一刻と変動します。

FXの基本となる円高・円安

FXの基本となる円高・円安

FXを始める前に、基本となる円高と円安について理解しておく必要があります。外国の通貨に対して、日本円の価値が相対的に高くなることを「円高」といい、価値が低くなることを「円安」といいます。

例えば、1ドル100円から110円になった場合は円安です。今まで100円出せば買えたものが10円余分に払わなければ買えなくなるということ。円の価値が下がったといえます。逆に1ドルが90円になった場合は円高です。100円出して買っていたものが90円で買えるようになるということ。つまり、円の価値が上がったというわけです。

覚えておくべきFX用語

覚えておくべきFX用語

FX取引には特有の用語が出てきます。スムーズに情報収集するためにも、代表的なものは覚えておきましょう。

long(ロング)とshort(ショート)
ロングは買う、ショートは売るという行為を指します。
position(ポジション)
まだ決済をせずに、保有している状況のこと。
bull(ブル)
強気・強含み。相場が上昇傾向にあることをいいます。雄牛(bull)が角を下から上へ突き上げて攻撃することに由来。
bear(ベア)
弱気・弱含み。相場が下落傾向にあることをいいます。熊(bear)が腕を振り下ろして攻撃することに由来。
bid(ビッド)
FX取引業者側が提示する買値のこと。投資家が通貨を売ることができる値段です。
ask(アスク)
FX取引業者側が提示する売値のこと。投資家が通貨を買うことができる値段です。
volume(ボリューム)
出来高、取引の量のこと。売買高ともいいます。
positionmake(ポジションメイク)
新規に売り買いを行なうことをいいます。
positionclose(ポジションクローズ)
所有しているポジションを決済して、利益を確定することをいいます。