ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

外貨MMFと外貨預金の違い



外貨MMFとよく比較される投資方法のひとつに、外貨預金があります。外貨MMFと外貨預金は同じ外貨投資ですが、それぞれ投資方法は根本的に異なっています。外貨預金とは、元金や利息がどちらも外貨建ての預金のことで、基本的な仕組みは円預金と同じです。一方、外貨MMFは外国で設定され、日本に持ち込まれて販売される外国投資信託に属します。外貨MMFを検討する際は、外貨預金との違いをしっかり把握しておくと良いでしょう。

外貨預金とは?

外貨預金とは?

外貨預金とは、日本円を米ドルやユーロなどの外国通貨に換金して外貨で預金することをいいます。基本的には円預金と同じで、普通預金と定期預金があり、預けたお金には一定の利息が付きます。普通預金はいつでも入出金が自由。定期預金は原則として満期日までは、お金の引き出しや解約ができません。

近年注目を集めている投資方法のひとつで、日本円で外貨を購入して為替レートの変動によって差益を得ることができます。特に現在、日本は低金利が続いているため、少しでも金利の高い外貨預金が注目されているようです。しかし、景気や情勢によっては外貨預金で損失が出る場合もあるため、円預金よりもリスクが生じるということを理解しておく必要があります。

外貨MMFと外貨預金を比較

外貨MMFと外貨預金を比較

外貨MMFと外貨預金にはどのような違いがあるのか、いくつかの点に注目して比較してみましょう。

為替手数料と利回り

為替手数料と利回り

外貨預金と外貨MMFは、どちらも為替手数料と利回りを加味することで、実際の利益が算出されます。そのため、為替手数料の安さと金利の高さが、投資商品を選ぶための大きなポイントになります。

取扱機関によって異なりますが、一般的に外貨MMFの為替手数料は外貨預金よりも安く設定されている場合が多いです。また、金利についても、外貨MMFの方が外貨預金よりも少しだけ高い場合が多いです。

元本保証の有無

元本保証の有無

外貨預金は外貨ベースで元本保証されます。しかし、為替の変動があれば、外貨預金の元本保証は外貨ベースなので、円ベースで見ると元本割れになる場合もあります。

一方、外貨MMFは元本保証がありません。しかし、外貨MMFの過去の運用実績を見ても外貨ベースで元本割れしたことは一度もありません。外貨預金と比較しても、元本割れのリスクは小さいといえそうです。

倒産時の資産管理

倒産時の資産管理

外貨MMFの資産はすべて証券会社のものと分別管理されているため、もし証券会社が倒産した場合でも資産は保護されます。一方、外貨預金では、もし預金をしている銀行が破綻した場合、資産は保護されません。また、日本国内では金融機関が破綻した際に1人1,000万円まで元本とその利息が保護されるという「ペイオフ制度」がありますが、外貨預金はペイオフ対象外となっています。

流動性

流動性

いつでも自由に換金できるかどうかは、為替差益を狙った取引をする際に重要になります。外貨預金の場合、普通預金であればすぐに換金できますが、金利の高い定期預金は満期日まで引き出すことができません。解約は可能ですが、解約手数料がかかってしまいます。

一方、外貨MMFは、自分の好きなタイミングで換金ができ、為替差益を狙いやすいというメリットがあります。

利益に対する課税対象

利益に対する課税対象

外貨預金は、利回りの利息だけでなく、為替差益も雑所得として扱われ、課税の対象となります。しかし、外貨MMFは、為替差益に対しては非課税のため、資産が目減りすることはありません。