ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

外貨MMFのメリットとリスク



外貨MMFは、外貨投資の中でも比較的メリットが多く、安全性の高い商品とされています。しかし、外貨MMFに限らず、すべての投資には必ずリスクがあることを意識しましょう。

外貨MMFのメリット

外貨MMFのメリット
高い利回り
外貨MMFの最大の特徴は、外貨預金などに比べて利回りが高いことが挙げられます。運用成果に応じて分配金を受け取ることができるため、利息のみが収益になる外貨預金よりも利回りが高くなります。
また、毎月末に分配金が元本に再投資されるため、利息が新しい利息を生んでふくらんでいくという「複利効果」も期待できます。
為替手数料が安い
外貨MMFは、円から外貨、外貨から円に替えるときに為替手数料が必要ですが、外貨MMFの手数料は外貨預金に比べると安く設定されているため、利益を生み出しやすくなっています。
為替差益が非課税
外貨MMFでは、分配金は利子所得という所得の分類に含まれ、20%の税金がかかりますが、為替差益には税金がかかりません。外貨MMFの利益の大部分を占める為替差益が非課税であるということは、とても大きなメリットといえるでしょう。
ただし、これは円から直接外貨MMFに投資した場合のみです。一部の証券会社や銀行では、円を外貨に換金してから外貨MMFに投資する方法をとっているところがあります。この場合、解約時に外貨から円に換えると、為替差益が雑所得として課税されてしまいます。
少額投資が可能
外貨MMFは、少額でも取引が可能です。証券会社や銀行などによっても異なりますが、取引を開始するための最低金額が10ドル(1,000円前後)からのところが多く、資金が少なくても投資を始めることができます。
いつでも解約自由
外貨MMFには満期がないため、投資した資産は普通預金のようにいつでも取引が可能で、いつでも解約することができます。解約手数料もかかりません(解約時に円に換金するための為替手数料は必要)。
いつでも簡単に解約ができて流動性が高いということは、為替変動による資産の目減りを避けたり、為替差益から利益を得たりする際に、有利に働きます。

外貨MMFのデメリット

外貨MMFのデメリット

外貨MMFのデメリットは、分配金を外貨で受け取れないこと。外貨MMFは投資商品であり、外貨そのものを購入しているわけではありません。そのため、分配金を受け取る際は円に換金する必要があります。換金の際には為替手数料がかかってしまうため、多少のコストが必要となります。

外貨MMFのリスク

外貨MMFのリスク
価格変動リスク
外貨MMFは、投資した商品の価格が変動します。他の外貨投資に比べると、価格変動リスクが少ないとされていますが、元本保証がなく、場合によっては元本割れする可能性は否めません。価格変動リスクについては、すべての投資商品に共通することで、投資には必ずつきまとうリスクといえます。
為替変動リスク
為替変動リスクとは、外貨商品に限った金融リスクで、外貨MMFも他の外貨商品と同じように、常に為替変動リスクを負っています。為替は日々変動するため、外貨の価値はその日によって異なります。特に急激な為替変動には注意しましょう。
例えば、購入時より円が急激に下落=円高になってしまった場合、為替変動により大きな損失を受けてしまうことがあります。そのため、為替変動リスクを最小限にとどめるには、円高が底値である状態で投資することがポイントとなります。