ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

新株予約権付社債



新株予約権付社債は、一定の条件のもとで、発行会社の株式を取得できる権利がついた社債です。株価対策の一環として、2001年(平成13年)に金庫株が解禁されたのに続いて創設されました。新株予約権付社債とはどのような債券なのか、その概要を見ていきましょう。

新株予約権付社債とは

新株予約権付社債とは

新株予約権とは、あらかじめ定められた価格で発行会社の株式を取得できる権利のことで、ワラントと呼ばれます。新株予約権付社債はこの権利が付与された社債です。ワラントを行使して得られる株式数もあらかじめ決められています。

ワラントの魅力

企業にとっては、ワラントというオプションがあるため、普通社債よりも低い金利で資金を調達することができます。また、ワラントが行使される際にも、追加の資金が集まります。

投資家にとっては、株価が値上がりすれば、ワラントを取得した少額で株式購入と同じ効果が得られます。

転換社債型新株予約権付社債

転換社債型新株予約権付社債

新株予約権付社債の一種に、転換社債型新株予約権付社債(転換社債)があります。この社債は、あらかじめ定められた価格(転換価格)で、いつでも株式に転換することができます。新株予約権付社債では、新株予約権を行使するのに追加の資金が必要ですが、転換社債では追加の資金は不要です。

転換社債型新株予約権付社債の特徴

転換社債型新株予約権付社債の特徴

転換社債は、株価が転換価格を上回れば値上がりし、株価が値下がりしても債券としての価値が下値を支えるため、株式より値下がりするリスクが少なくなっています。利回りも一般的に、株式の配当利回りより高く、日割りで利息がつくという点も魅力です。

また、転換社債は、発行時に定められた条件でいつでも株式に転換できますし、債券として利息を受け取り、満期を迎えたら額面で償還することもできます。株式に転換できるという性格から、クーポンは固定利付債より低く設定されています。転換社債は、債券としての一面と株式としての一面を併せ持っているといえます。

転換社債型新株予約権付社債の魅力

転換社債型新株予約権付社債の魅力

転換社債を保有している発行元の株価が上がった時、投資家には2つの選択肢があります。

  1. 転換社債としてマーケットで売却する。
  2. 株式に転換してマーケットで売却する。

どちらを選択すると有利かは、転換価格や株価から計算して判断します。

仮に転換価格が500円/株価が600円/転換社債の保有数が100万円分とします。

の場合、転換社債の値段(パリティ)を次のような計算方法で算出します。

パリティ=株式の時価÷転換価格

したがって、600÷500=1.2=120%で、120円がこの転換価格のパリティとなり、少なくとも120万円前後でこの転換社債が売れることになります。これに加えて、マーケットでは、株価値上がりへの将来の期待から、さらに上積みが見込まれます。これをプレミアムと呼んでいます。

次に②の場合、100万円の転換社債が何株の株式に転換されるかを計算します。転換株数=額面÷転換価格の計算式から、1,000,000÷500=2,000で2,000株となります。この株数に時価をかければ、マーケットで売却した時の金額が計算できます。2,000×600=1,200,000円となります。したがって、プレミアムの分だけ、転換社債のまま売却した方が有利だと予想されます。

このように転換社債は、株価の状況をみながら、債券として保有、債券として売却、株式に転換など、より有利な方法を使い分けることができます。