ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

債券の種類



債券には様々な種類があり、多くの債券が発行されています。ここでは債券の性格などで分類して、説明していきます。

利子の支払い方法など形態による分類

利子の支払い方法など形態による分類

債券を利子の支払い方法によって分類すると、利付債と割引債にわけられます。利付債とは、発行者から債権保有者に定期的に利子が支払われる債券のことで、その中に固定利付債と変動利付債が含まれます。一方、割引債とは、あらかじめ利子相当分が割り引かれた価格で発行され、満期になると額面金額で償還される債券です。

その他、新株予約権付社債や資産担保証券、デリバティブを使った仕組債などがあります。

発行体による分類

発行体による分類

「公社債」とも呼ばれる債券ですが、これを大きく2つにわけると、国や地方公共団体、政府関係機関が発行する「公共債」と、民間企業が発行する「民間債」にわかれます。

公共債
まず、日本国が国として発行する「国債」があります。この中で、満期償還までの期間や利子の支払い方法などにより、中期国債、長期国債、変動利付国債などに細分化されます。また、都道府県や市町村が発行する「地方債」、政府と関係の深い特殊法人が発行する「政府関係機関債」などもここに含まれます。
民間債
民間企業が発行する債券として「民間債」があります。そのうち、一般企業が発行するものが「社債」、特定の金融機関が発行するものが「金融債」です。「社債」はさらに、普通社債、特定社債、新株予約権付社債に区分されます。
外国債
国内債以外の債券を指します。つまり、債券が発行される市場、発行体の国籍、債券の利払いや償還が行なわれる通貨のうち、いずれか一つでも日本(日本円)以外の債券のことです。

償還までの期間による分類

償還までの期間による分類

償還までの期間による分類には明確な基準はありませんが、主に下記のように区分されます。

  • 短期債:償還までの期限が3年未満
  • 中期債:償還までの期限が3年以上7年未満
  • 長期債:償還までの期限が7年以上11年未満
  • 超長期債:償還までの期限が11年以上

担保の有無による分類

担保の有無による分類

民間の事業会社が発行する「社債」は担保の有無により、担保付社債と無担保社債に分類され、担保付社債は担保の対象によって、さらに物上担保付社債と一般担保付社債にわけられます。

物上担保付社債
社債の発行会社が保有する特定の物的財産(土地、工場、機械設備、船舶など)を担保としている債券です。
一般担保付社債
発行会社が特定の担保をつけなくても、社債権者が会社の全財産について優先弁済を受ける権利(民法の規定による一般の先取り特権に次ぐもの)を有することを認めるものです。「電気事業法」による 10電力社債、「放送法」による放送債券、「東京地下鉄株式会社法」による東京交通債などがこれにあたります。
無担保社債
担保が付いていない社債のことをいいます。社債の発行基準の緩和に伴って、現在大半の社債は無担保で発行されています。

新発債と既発債

新発債と既発債

新たに発行される債券を新発債(しんはっさい)。一方、すでに発行されて市場で流通している(売買されている)債券を既発債(きはっさい)といいます。