ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

債券取引とは何か



債券はお金を借りる人と貸す人の橋渡しをする、借用証書のような存在です。日常生活ではあまり意識されることがありませんが、経済社会では大きな役割を担っています。債券とは何かという基本的なことから、債券投資について理解していきましょう。

債券とは

債券とは

債券とは、国や地方公共団体、民間の企業がお金を必要とするときに多数の投資家に向けて発行されるもので、それぞれ、国債、地方債、社債と呼ばれます。債券では、あらかじめ償還期限(満期)が決まっていて、その期限が来ると全額を返金することになっています。期限までの間は、使用料として利息が支払われます。

債券の特徴

債券の特徴

お金を借りる人と貸す人の橋渡しという点では、銀行の役割と似ています。銀行を介した場合、借り手は預金者を意識することはありませんが、債券の場合、お金の貸し手(債券保有者)は借り手(債券発行者)の信用状態を意識する必要があります。というのも、借り手が満期の前に倒産するようなことがあれば、貸したお金が戻らない可能性があるためです。

また、貸し手にとっては一般的に定期預金よりも高い利息が得られる、借り手にとっては一度に多数の投資家から大量の借入ができるという特徴もあります。

さらに大きな特徴として挙げられるのが、債券は売買できるという点で、償還日以前に市場で債券を売却し、現金化することができます。特殊な場合を除いて、債券発行者の承諾を得る必要もありません。ただし、すべての債券が市場で売却できるとは限らず、証券会社に買い取ってもらうケースも多くあります。また、債券の売却では、証券会社に売買委託手数料の支払いが必要です。

債券の格付け

債券の格付け

債券を取引する(投資する)ということは、債券発行者に対してお金を貸すことを意味します。そのため、取引の際には、発行体の信用力をしっかりと見極めることが重要です。近年は情報開示が進んだことや、インターネットが発達したことにより、企業の財務情報を入手しやすくなりましたが、企業の信用力(支払い能力)を個人が判断することは容易ではありません。そんなときに役立つのが、企業の信用力を専門に分析する格付会社が評価した格付情報です。

国や地方公共団体、企業など発行体が発行する個別の債券について、約束通りに元本と利息が支払われるかどうかの確実性を、一定の符号で表示したものを、債券の格付けといいます。

格付けは格付会社のホームページなどで無料公開されています。格付けの符号や定義は会社によって若干異なりますが、一般的には信用リスク(返済ができないリスク)が小さい方から順にトリプルA(AAAやAaaと表記)からCまでの9段階評価で、トリプルB(Baa、BBB)以上が投資適格債と呼ばれています。このように債券は格付けされるため、高く格付けされる発行体は低コストで資金を調達できることになります。

同じ発行体でも、格付会社によって、格付けが異なる場合もありますので、各社の情報を見比べることが重要です。また、格付けが的確でなかったとしても、何ら保障されるものではありませんので、あくまで参考として利用する必要があります。

主な格付会社

債券の格付け

日本での債券の主な格付会社として、次の5社が挙げられます。

  • ムーディーズ
  • スタンダード・アンド・プアーズ
  • フィッチ・レーティングス
  • 日本格付研究所(JCR)
  • 格付投資情報センター(R&I)