ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

投資信託の進め方 ⑤投資信託の償還



「償還」とは事前に定められた投資信託の運用(信託)期間が終了し、償還金が返還されることです。ここでは、償還の種類や流れなどについて説明します。

償還とは

償還とは

投資信託の運用期間が終わって(償還期限)、信託財産の清算が行なわれ、保有者に対して償還日時点での保有口数に応じた償還金が返還されることを償還といいます。追加型投資信託の場合は、運用期間が無期限の場合も多いのですが、3年、5年などというように定められている場合もあります。この運用期間の末日が「償還日」、償還日時点の信託財産の純資産額を受益権口数で割ったものが「償還金」です。

償還には「定時償還」と「繰上償還」という2つの種類があります。

定時償還

定時償還とは運用期間が満了して、償還金が返金されることをいいます。定時償還であっても、受益者にとって有利だと運用会社が判断すると、信託期間を延長することができます。これを「償還延長」といいます。

繰上償還

繰上償還とは償還期限より前に償還されることです。運用目的を達成した場合や、投資信託の規模(純資産額)が一定の水準を下回り今後の運用が難しくなった場合など、その投資信託を解約することが受益者のために有利だと運用会社が判断して行なわれるものです。繰上償還が行なわれる条件については、投資信託説明書などに記載されているので、あらかじめ確認しておきましょう。

償還の流れ

定時償還の場合

償還の流れ

投資信託が償還すると、販売会社から償還金のご案内が郵送されます。償還金のご案内には、償還金単価(償還日の基準価額=償還価額)、償還金額、償還金の支払開始日などが記載されています。償還金は、償還日当日の取引終了後に確定。支払いは、原則として償還日から起算して5営業日目(償還日が休業日の場合は翌営業日から起算して5営業日目)までに支払われます。支払開始日は投資信託によって異なる場合がありますので、投資信託説明書で調べるか、販売会社に問い合わせましょう。

また、支払場所は一般的には販売会社となっています。通常では、償還金は口座開設時に受取口座として登録した金融機関口座に自動的に振り込まれますので、特別な手続きは不要です。

繰上償還の場合

繰上償還が行なわれる場合、「繰上償還(予定)のお知らせ」が送られてきます。繰上償還を了承するのであれば、何もする必要はありませんが、運用の継続を望むのであれば、異議を申し立てることもできます。意思表示の期間や否決条件等は、2007年(平成19年)9月30日に施行された「新信託法」を境として異なります。否決が一定数に達した場合は、運用が継続されます。

繰上償還が決定されるスケジュール
2007年(平成19年)9月29日以前に設定された投資信託
繰上償還が決定されるスケジュール
2007年(平成19年)9月30日以降に設定された投資信託

償還乗換優遇制度

償還乗換優遇制度

償還金の範囲内で別の投資信託を購入すると、手数料が無料もしくは割引になる「償還乗換優遇措置」があります。この制度の利用には、次のような条件が設けられていることが多いです。

  1. 投資信託を償還日まで保有すること
  2. 償還日から期間内に乗り換えること
  3. 支払われた償還金の範囲内で購入すること
  4. 償還金の支払いを受けた販売会社で購入すること