ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

ETFとは



株券や債券などと同じく、金融商品のひとつであるETF。「株式のように売買できる」使い勝手の良い商品として注目度が高まっています。その仕組みやメリット、リスクなどをよく理解したうえで運用を始め、情報を見極めながら取引していくことが大切です。

ETFとは何か

ETFとは何か

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、「証券取引所で取引される投資信託」という意味です。日本語では、株価指数連動型上場投資信託となります。運用をファンドマネージャーに任せるという点では投資信託と同じですが、ETFは証券取引所に上場しているため、株券のように誰でも売買できるという点が大きく異なります。

日本でのETFは、アメリカなどに比べてまだ本数が少なく、投資環境が遅れている状況です。これには、日本国内で設定されたETFでなければ日本の証券取引所に上場できないという法律があったことが影響しています。また、日本の金融機関がETFを過小評価し、積極的に売買しなかったということも一因として挙げられます。

しかし、2007年(平成19年)、金融商品取引法が施行され、海外で発売されているETFを日本の証券取引所に上場することが可能になりました。これにより、日本でもETFが活性化していく金融商品であるといわれており、投資信託や株券などと並んで、資産運用の中心となりつつあります。

ETFの魅力

ETFの魅力

多くの投資家が魅力を感じている金融商品、ETFにはいくつかのメリットがあります。

取引過程がシンプル

投資信託と比較されることが多いETFですが、取引の内容にはいくつもの違いがあります。メリットとして第一に挙げられるのが、投資信託よりも売買が楽だという点です。投資信託の売買が銀行や証券会社、保険会社など様々な機関を経由して行なわれるのに比べて、ETFは非常にシンプルです。というのも、証券取引所に上場されているため、証券会社を経由するだけで売買することが可能になっています。

1日で利益を出すことも可能

ETFは、証券取引所の取引時間内に、ETFを売る側と買う側で取引され、それによって価格が決まるため、1日の間でも株式のように変動しています。ETFはインターネットで簡単に注文ができるため、価格の変動に即座に対応して取引をすることができます。

取引手数料が安い

ETFの購入には販売手数料と信託報酬という手数料がかかりますが、これが非常に安く、特にインターネットでのオンライントレードでは格安となっているのが特徴です。しかも、この手数料は年々低下する傾向にあり、平均でETF購入価格の0.3%、証券会社によっては一部無料のところもあるほどです。

ETFのリスク

ETFのリスク

ETFの価格は日経平均株価、TOPIXなど多くの要素に左右されるため、変動が激しくなっています。また、重要と供給の関係でも価格が変わるという特徴があります。秒単位で動いているといっても過言ではないほどで、これに対応していく必要があります。つまり、ETFの価格を決める要素の動向を予測し、価格が上がったときにすかさず売るという取引をするという、タイミングが重要になってきます。