ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

投資信託とは



投資信託は「株式」や「外国為替証拠金取引(FX)」など様々な金融商品がある、資産運用方法のひとつです。投資家から集めた資金を大きな資金(ファンド)としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。運用した成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みで、比較的ミドルリスク・ミドルリターンの商品として知られています。

投資信託の特徴

投資信託の特徴

以前、投資信託の窓口は主に証券会社でしたが、現在では銀行や生命保険会社、郵便局でも取り扱いがあります。店頭のほか、インターネットでの購入も多く、販売チャンネルの多様さも投資信託の魅力のひとつとなっています。

資金を預けるという点では預貯金と似ていますが、大きく異なる点として、元本が保証されていません。投資信託では運用による損益は投資家に還元されるため、損失が出た場合「元本割れ」となるケースもあります。また、投資信託では受け取るリターンが確定していません。これは市場の動向などにより利回りが変動するためです。そのほか、投資信託では多くの人からお金を集めて大きな資金(ファンド)にして運用するため、いくつかの銘柄に投資することも可能です。幅広い銘柄に投資することで、リスクを分散できるというメリットがあります。

投資信託の魅力

投資信託の魅力

低金利が続いているため預貯金の利子では物足りない、とはいえ株式投資ほどのリスクは負いたくない、という人にとって投資信託は魅力的な商品です。投資信託は運用のプロであるファンドマネージャーに運用を任せるため、投資の知識があまりない人でも比較的安心して始められます。投資信託といっても、積極的に利益を追求するものや安定した運用を目指すものなど、種類は様々です。そのため、投資家は目的やどの程度リスクを許容できるかによって選択することができます。個人で株式や債券に投資をするとなれば、ある程度まとまった金額が必要になりますが、投資信託なら最低1万円程度からでも始められます。

投資信託の基本用語

投資信託の基本用語

投資信託の基礎知識を身につけるために、ある程度知っておきたい専門用語があります。最も基本的な用語として「基準価額」や「分配金」があげられます。

基準価額

基準価額とは投資信託の一口あたりの値段のことで、投資家が投資信託を購入・換金する際は、基準価額で取引が行なわれます。投資信託の資産のうち、投資家に帰属する額を「純資産総額」といい、この純資産総額を投資信託の総口数で割ると、一口あたりの価額「基準価額」が算出されます。したがって、運用が始まると、基準価額は運用の成果によって変動していきます。

分配金

購入した時点での基準価額より、換金時の基準価額が高ければ投資家は利益をあげることができますが(販売手数料などは除く)、投資信託による利益はそれ以外にもあります。「分配金」と呼ばれるもので、投資信託の決算が行なわれる際に支払われるものです。 分配金は、投資信託が株式や債券に対して投資し、運用して得た収益を、保有口数に応じて投資家に分配するものですが、支払いの頻度や額は投資信託によって異なります。