ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

新聞の株式欄の見方



上場している企業の株価が知りたい場合は、新聞の株式欄で情報を得ることができます。そこには前日の証券取引所で売買された銘柄の株価や売買高などの情報が掲載されています。掲載は業種別にまとめられて、その中で証券コード順に並んでいます。

株式欄に掲載している数字

株式欄に掲載している数字

新聞の株式欄は、各社決まった数字が掲載されています。ここではどの新聞にも載っている項目をご紹介します。

新聞欄の数字

  • 市場名:その銘柄が上場している市場名です。東京第1部、東京第2部、ジャスダックなど
  • 業種:その銘柄が属する業種です。
  • 銘柄:企業名です。ほとんどの場合、略称で書かれています。
  • 始値(はじめね):その日の最初に成立した値段です。
  • 高値(たかね):その日に売買された取引で最も高かった値段です。
  • 安値(やすね):その日に売買された取引で最も安かった値段です。
  • 終値(おわりね):その日に売買された取引で最後に成立した値段です。
  • 前日比:前日の終値と当日の終値との比較です。△は値上り、▲は値下がり、0は変わらず、-は前日または当日取引がゼロだったことを示します。
  • 売買高(ばいばいだか):その日の売買が成立した株数です。単位は取引所での売買単位で表示されています。
  • 取引単位:売買できる単位は、銘柄の前に小さくアルファベットで掲載されています。無印は売買単位1,000株、Aは売買単位100株、Bは売買単位1株、Cは売買単位10株などです。

株価指標と算出方法

株価指標と算出方法

新聞には個別銘柄の相場とは別に、市場全体の値動きを示す株式指標が掲載されています。代表的な「日経平均株価」と「TOPIX」についてご紹介します。

日経平均株価とは?

日経平均株価とは?

日経平均株価(日経225)は、東証一部に上場している企業のうちの225銘柄の平均株価です。業種のバランスを考えながら選ばれていますが、日本を代表する有名企業ばかりです。

TOPIXとは?

TOPIXとは?

東証一部に上場しているすべての日本企業を対象に加重平均した株価指数を「東証株価指数(TOPIX)」といいます。これは1968年(昭和43年)1月4日の時価総額を100ポイントとして、その後の時価総額を指数化したものです。

その他の株価指数

その他の株価指数

株式指数は、代表的な「日経平均」「TOPIX」の他にもたくさんあります。新聞社によって掲載されている株価指数は様々です。

  • 日経株価指数300:東証一部300銘柄の加重平均株価指数です。1982年(昭和57年)10月1日を100ポイントとしています。日経株価指数500などもあります。
  • ジャスダック指数:ジャスダックインデックスともいいます。ジャスダックインデックスは、JASDAQ INDEX (スタンダード)とJASDAQ INDEX (グロース)の各株価指数構成銘柄を合算し、1991年(平成3年)10月28日の時価総額を100ポイントとして算出しています。JASDAQ INDEX (スタンダード)とJASDAQ INDEX (グロース)の株価指数は、それぞれ2010年(平成22年)10月8日の時価総額を100ポイントとして算出しています。
  • マザーズ指数:マザーズに上場している全銘柄を対象とした株価指数です。2003年(平成15年)9月12日のマザーズ市場の時価総額を1,000ポイントとして、その後の時価総額を指数化しています。