ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト証券会社リサーチ

証券会社情報

TOKYO PRO Marketとは?



TOKYO PRO Marketは、2008年(平成20年)12月の金融商品取引法改正により導入された「プロ向け市場制度」に基づき設立された特定取引所金融市場です。

2009年(平成21年)6月に東京証券取引所とロンドン証券取引所が共同で設立した日本初の国際ベンチャー市場「TOKYO AIM取引所」を、2012年(平成24年)7月に東京証券取引所が吸収合併し、現在の「TOKYO PRO Market」に名称変更しました。

TOKYO PRO Marketの概要

TOKYO PRO Marketの概要

TOKYO PRO Marketは東京証券取引所が開設する日本で唯一のプロ投資家向け市場です。上場会社数は五洋食品産業、新東京グル―プ、碧の3社(2013年(平成25年)6月末現在)です。

TOKYO PRO Marketには既存の市場とは違った特徴がいくつかあります。まずは、プロ投資家向けの市場であることです。取り引きに参加できるのは、一定の市場経験があるプロに限定しています。また国際市場として、日本だけでなくアジアの企業も上場しやすい制度を整えて、国内外のプロ投資家に新たな投資機会を提供しています。さらに、国内外から魅力的な企業を誘致することで、日本の金融市場の活性化や国際化を図っています。

市場運営を、J-Adviser(証券会社などの指定アドバイザー)と弁護士、会計士などの専門家が中心となって行なっている点も、大きな特徴です。

プロ投資家向け市場とは?

プロ投資家向け市場とは?

プロ投資家向け市場の取り引きに参加できるのは、特定投資家と呼ばれる投資家だけです。銀行・ベンチャーキャピタルなどの適格機関投資家、地方公共団体・国・日本銀行、上場会社、海外の投資家など、一定の金融資産と投資経験を持つプロに限定しています。

他市場では上場までに多額のコストと多くの時間がかかりますが、TOKYO PRO Marketは上場基準がとても緩やかでスピーディかつコストを抑えて上場することが可能です。例えば、上場申請から承認までの期間は、他市場が平均して2~4ヵ月に対し、TOKYO PRO Marketは10営業日です。上場基準に数値基準はなく、取引所が指定するJ-Adviserと呼ばれる指定アドバイザー(証券会社)が上場適格性を評価します。他市場は提出が必須である内部統制報告書や四半期開示なども任意です。

このようにTOKYO PRO Marketでは、自由度の高い市場をつくり成長力がある企業の上場を促進するため、あえて取り引き参加者を市場に精通してリスクがとれるプロ投資家に限定しているのです。

TOKYO PRO Market上場のメリット・デメリット

TOKYO PRO Market上場のメリット・デメリット

TOKYO PRO Marketは、J-Adviser(指定アドバイザー)が上場適格と判断すると迅速に上場ができるなど、上場までの手続きが簡素化されることでスピードが短縮されるうえ、経済的であることがメリットのひとつです。さらに、これまでにない国際市場を意識した市場であることも、海外の企業の日本市場への進出を容易にしています。また、「東京証券取引所」に属する市場に上場することで、知名度、信用度の向上にも期待できます。

反対にデメリットとなっているのは、国内ではプロ投資家しか取り引きができないという制限です(海外投資家は法人・個人ともにプロ投資家という制約はありません)。上場企業数も3社と少なく、現在のところ流動性に乏しいことは否めません。

TOKYO PRO Marketの沿革

TOKYO PRO Marketの沿革

TOKYO PRO Marketの開設から現在までの沿革をご紹介します。

  • 2007年(平成19年)10月、新興企業向け市場創設について東京証券取引所とロンドン証券取引所が合意
  • 2009年(平成21年)6月、日本初の国際ベンチャー市場TOKYO AIM取引所を設立
  • 2011年(平成23年)7月、第1号となるメビオファームが上場。2013年(平成25年)6月に上場廃止した
  • 2012年(平成24年)3月、東京証券取引所がロンドン証券取引所とTOKYO AIM取引所の合弁を解消
  • 2012年(平成24年)7月、TOKYO AIM取引所を東京証券取引所 が吸収合併