ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

東京証券取引所とは?



東京証券取引所は日本初の証券取引所であり、日本最大の金融商品取引所でもあります。2013年(平成25年)1月1日に大阪証券取引所と経営統合し、持株会社日本取引所グループの傘下となりました。現物市場を統合した2013年(平成25年)7月16日時点の上場企業数は3,423社です。東京都中央区日本橋兜町にあり、「東証」と呼ばれています。

東京証券取引所の概要

東京証券取引所の概要

東京証券取引所は、ニューヨーク証券取引所、ロンドン証券取引所、上海証券取引所と並び、世界の株式市場の中枢を担っている証券取引所のひとつです。

本則市場に市場第一部(東証一部)、市場第二部(東証二部)があり、新興企業向け市場のジャスダック(東証ジャスダック)、マザーズ(東証マザーズ)、プロ向け市場のTOKYO PRO Marketがあります。上場審査基準がそれぞれ異なり、国内の大企業が上場している東証一部が最も厳しい審査を受けています。

株券などの取引時間は、前場が9時~11時30分、後場が12時30分~15時です。

東証では株価の推移・水準を示す株価指数を複数公表しています。よく耳にする「TOPIX」のほか、大型株、中型株、小型株、市場第二部株価指数、東証マザーズ指数、東証REIT指数、TOPIXコンポジット、TOPIXコンポジット1500、二部コンポジット、マザーズコンポジットなどがあります。

東証一部

東証一部

上場会社数は1759社(2013年(平成25年)7月16日現在)です。

東証一部に上場しているすべての日本企業を対象にした株価指数を「東証株価指数(TOPIX)」といいます。これは1968年(昭和43年)1月4日の時価総額を100ポイントとして、その後の時価総額を指数化したものです。

東証二部

東証二部

上場会社数は571社(2013年(平成25年)7月16日現在)です。

東証二部のすべての銘柄を対象に計算した株価指数を「市場第二部株価指数」といいます。これは東証二部に上場しているすべての日本企業を対象にしたもので、1968年(昭和43年)1月4日の時価総額を100ポイントとして、その後の時価総額を指数化したものです。

東証JASDAQ

東証JASDAQ

上場会社数はスタンダード850社、グロース49社(2013年(平成25年)7月16日現在)です。かつては大阪証券取引所で取り引きされていましたが、2013年(平成25年)7月に東証と大証が統合したため、「東証ジャスダック」となりました。

JASDAQに上場するために必要な審査基準は、スタンダードの場合、直前期末の純資産が2億円以上、経常利益が1億円以上、株主数300人以上、事業活動の存続性などです。グロースの場合、直前期末の純資産の額が正であり、株主数300人以上、企業が成長の可能性を有していることが求められます。

東証マザーズ

東証マザーズ

上場会社数は187社(2013年(平成25年)7月16日現在)です。ベンチャー企業を中心とした新興企業向けの市場として、東証が1999年(平成11年)に開設した市場です。

東証マザーズに上場しているすべての日本企業を対象とした株価指数を「東証マザーズ指数」といいます。これは2003年(平成17年)9月12日を1,000ポイントとして、その後の時価総額を指数化したものです。

TOKYO PRO Market

TOKYO PRO Market

上場会社数は3社(2013年(平成25年)7月16日現在)です。東証の中のひとつの市場で、日本で唯一の「プロ向け市場(特定取引所金融市場)」です。取り引きに参加できるのは、特定投資家と呼ばれる投資家だけで、銀行・ベンチャーキャピタルなどの適格機関投資家、地方公共団体・国・日本銀行、上場会社、海外の投資家など、一定の金融資産と投資経験を持ち、市場に精通しているプロに限定しています。

東京証券取引所の歴史

東京証券取引所の歴史

1878年(明治11年)の設立から135余年。統合や解散、新設などを繰り返してきた東証の歴史をご紹介します。

  • 1878年(明治11年)5月、東京証券取引所の前身である東京株式取引所開設
  • 同年7月には日本初の上場株式として東京株式取引所の売買が開始
  • 1843年(昭和18年)6月、全国11ヵ所の株式取引所が日本証券取引所に統合
  • 1947年(昭和20年)4月、戦後の民主化改革が進められ日本証券取引所が解散
  • 1949年(昭和24年)4月、東京証券取引所を設立。同年5月から株式の取引再開
  • 1961年(昭和36年)10月、市場第二部を開設
  • 1973年(昭和73年)12月、国際化に対応して外国株市場を開設
  • 1982年(昭和57年)1月、国内で初の株式売買システムが稼働
  • 1991年(平成11年)11月、新興企業向け市場マザーズ開設
  • 2007年(平成19年)8月、株式会社東京証券取引所グループを設立
  • 2012年(平成24年)7月、TOKYO PRO Market開設
  • 2013年(平成25年)1月、東証と大証が経営統合。日本取引所グループを設立
  • 同年7月、東証と大証の現物株式市場を統合