ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

証券取引所の一日



証券取引所で取り引きが行われる時間を立会時間(ザラ場)といいます。立会時間は、土・日曜日、祝日、12月31日~1月3日、大発会(一年の取り引きの初日)、大納会(一年の取り引きの最終日)を除いた平日の午前と午後に分かれています。午前の立会時間を「前場(ぜんば)」、午後の立会時間を「後場(ごば)」といいます。

証券取引所の立会時間

証券取引所の立会時間

立会時間中は活発に売買注文が入るため、株価も動きが激しく、次々と取り引きが成立していきます。取引時間は、取引所によって異なるため注意が必要です。

証券取引所ごとの立会時間

証券取引所ごとの立会時間
東京証券取引所
前場:9時~11時30分
後場:12時30分~15時
名古屋証券取引所
前場:9時~11時30分
後場:12時30分~15時30分
福岡証券取引所
前場:9時~11時30分
後場:12時30分~15時30分
札幌証券取引所
前場:9時~11時30分
後場:12時30分~15時30分

最初と最後の取り引き

最初と最後の取り引き

株式相場には時間を表わすことばが、色々とあります。

「寄付き(よりつき)」
前場の取引が始まって最初に成立した取り引き
「前引け(ぜんびけ)」
前場の最後に成立した取り引き
「後場寄り(ごばより)」
後場の取引が始まって最初に成立した取り引き
「大引け(おおびけ)」
後場の最後に成立した取り引き

一日の株価

一日の株価

株式相場の一日の株価を表わすことばがあります。始値、終値、高値、安値のことを「4本値」といいます。この4本値を見ることで、一日の値動きを知ることができます。一般的に高値、安値は一日の取り引きを表わす際に使われますが「午前の高値」、「今週の安値」などの使い方もします。

「始値(はじめね)」
その日のうちで最初に売買が成立した時の株価
「終値(おわりね)」
その日のうちで最後に売買が成立した時の株価
「高値(たかね)」
その期間のうちで最も高い株価
「安値(やすね)」
その期間のうちで最も安い株価

立会外取引とは?

立会外取引とは?

立会時間以外に行なう取引を「立会外取引」(時間外取引)といいます。立会時間内の取引では、株価に大きな影響を及ぼす場合に利用される取り引きです。東証の単一銘柄取引の場合は8時20分~17時30分の時間帯に電子取引ネットワークシステム「ToSTNet(トストネット)」を通じて売買ができます。市場、取引内容によって、取引時間や売買単位などは異なります。

また立会時間外に大量の売り注文を不特定多数に出すことを「立会外分売」といいます。これは、予め取引所に届出が必要な取引です。

そのほかの時間外取引

そのほかの時間外取引

立会時間以外でも、24時間365日好きな時間に売買注文を出すことができます。ネット証券を利用すれば、都合が良い時間に注文できます。ただし、取り引きが成立するのは翌朝もしくは次に取引所が開いてからです。

東京証券取引所などの取引所以外にも、証券会社が運営する私設取引所(PTS市場)があります。こちらは、東証などの取引所が閉まった時間でも取り引きができます。例えばジャパンネクストPTSの取引可能時間は、8時20分~16時、19時~23時59分です。

立会時間以外は?

立会時間以外は?

証券取引所は、立会時間だけ動いているわけではありません。例えば、東証には業務本部、営業本部、IT本部、総合管理室などの部署があります。上場・売買・清算決済制度に関する企画・立案や、市場関係者にデータや情報を提供する業務本部、上場申請企業の獲得などの営業活動をする営業本部などです。

また、各部署は複数の部・室から構成されていて、立会時間以外にも様々な業務が進められています。