ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

証券取引所とはどんなところ?



証券取引所とは株式や債券などの売買取引を行なうための施設です。大量の株式や債券の需要と供給を統合して、公平な市場価格の形成とともに適正な流通を図る役割を果たしています。

日本には東京証券取引所(東証)、名古屋証券取引所(名証)、福岡証券取引所(福証)、札幌証券取引所(札証)の4つがあり、それぞれが市場を開設しています。世界の主要な証券取引所とされるのは、ニューヨーク証券取引所、ナスダック(ニューヨーク)、ロンドン証券取引所、フランクフルト証券取引所、ユーロネクスト(パリ)、東証などです。

証券取引所とは?

証券取引所とは?

証券取引所とは金融商品取引法に基づき、株式の売買を行なう市場を開設している組織です。

証券取引所の仕組み

証券取引所の仕組み

一般投資家が株式や債券の売買をしたい場合、証券取引所に直接発注するのではなく、証券会社を通じて注文します。投資家から株式の売買注文を受けた証券会社は、その注文を各証券取引所に取り次ぎます。証券取引所に送られた売買注文は、銘柄ごとに競争売買の原則に基づいて取引を成立させます。成立した取引の情報はすぐに情報公開されます。

国内の証券取引所

国内の証券取引所

日本には東京証券取引所(東証)、名古屋証券取引所(名証)など4つの証券取引所があります。また、各証券取引所にはベンチャー企業の株式を扱う取引市場があります。

一般市場(本則市場)

国内の証券取引所

各証券取引所のメーン市場です。東証、名証はそれぞれに市場第一部と市場第二部があり、一般的には一部に大企業、二部に中堅企業が上場しています。2013年(平成25年)1月1日に、東京証券取引所と大阪証券取引所は経営統合し、日本取引所グループとなりました。2013年(平成25年)7月には大証一部、二部を東証に移管しています。

  • 東京証券取引所(一部、二部)
  • 名古屋証券取引所(一部、二部)
  • 福岡証券取引所
  • 札幌証券取引所

新興市場

上場審査基準とは?

新興市場とは、ベンチャー企業や新興企業が上場できる市場のことです。一般市場よりも上場審査基準が緩和されているため、起業間もない企業でも株式を発行することができます。TOKYO PROは、東京証券取引所が開設する日本で唯一の「プロ投資家向け市場」です。

  • ジャスダック(東京証券取引所)
  • マザーズ(東京証券取引所)
  • TOKYO PRO(東京証券取引所)
  • セントレックス(名古屋証券取引所)
  • Q-Board(福岡証券取引所)
  • アンビシャス(札幌証券取引所)

私設取引所(PTS市場)

上場審査基準とは?

東京証券取引所などの取引所以外でも、私設取引所と呼ばれる証券会社が運営する取引所があります。まだ取引が少ないですが、一般市場が閉まった時間でも取引できるのが特徴です。

  • ジャパンネクストPTS(SBIジャパンネクスト証券)
  • シャイエックス(チャイエックス・ジャパン)

企業が上場するには

企業が上場するには

上場するには、各市場が設けている上場審査基準をクリアして、上場を目指す取引所から上場承認される必要があります。企業が上場したことで得られるメリットは、直接金融市場から資金調達できるだけでなく、企業の信用度・知名度の向上することで、金融機関からの資金調達や人材採用、新規出店や新規取引も有利になる点が挙げられます。逆に、不特定多数の投資家から資金調達をするため、企業情報の開示などが求められます。

上場審査基準とは?

取引所ごとに株式上場するためにクリアしなければならない上場審査基準があります。例えば東証本則市場は、上場株式数は400万株以上、時価総額20億円以上、事業継続年数が3年以上、連結純資産額は10億円以上など多くの規定があります。これらの基準を満たして初めて東証第二部に上場できます。まずは第二部へ上場しますが、新規で第一部へ上場する場合は、審査基準はさらに厳しくなります。