ご希望の証券会社情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

カブガイド
証券会社
トップページへ戻る
トップページへ戻る

証券会社情報

証券会社とは



証券会社とは、証券取引法に基づいて株式や債券などの有価証券の売買の仲介役を果たしている会社のことです。発行市場では「株式会社」と「投資家」を、直接市場では「投資家」と「証券市場」を結び付けています。

証券会社は1998年(平成10年)の規制緩和に伴って免許制ではなくなり、証券取引法に定められた基準を満たせば開業できる登録制になりました。さらに1999年(平成11年)の株式売買手数料の自由化をきっかけに、インターネット専業など多くの証券会社が登場しています。

証券会社の基本業務

証券会社の基本業務

投資家が株式を売買する際に、窓口になるのが証券会社です。証券会社の業務は、主に

  1. 委託売買業務
  2. 自己売買業務
  3. 引受業務
  4. 募集・売り出し業務

の4つです。これらすべての業務を行なう証券会社を「総合証券会社」と呼びます。

4つの主業務

①委託売買業務(ブローカー)
投資家から手数料を受け取り、株式や債券の売買を仲介する業務です。投資家が銘柄、数量、時期などを決定します。証券会社は注文を仲介するだけで、責任はすべて投資家が負います。
②自己売買業務(ディーラー)
証券会社が自己資金で株式や債券の売買をする業務です。
③引受業務(アンダーライティング)
企業や国、地方自治体から発行している株式や債券をいったん買い取り、投資家に販売する業務です。売れ残ると証券会社が引き取らなければなりません。
④募集・売り出し業務(セリングまたはディストリビューター)
株式や債券を発行している企業から委託を受け、投資家に販売する業務です。新規発行の場合を「募集」、保有しているものの場合を「売り出し」と呼びます。証券会社は売れ残っても引き取らないため、リスクを負うことはありません。

その他の付随業務

その他の付随業務

その他に、本業とは切り離すことが難しい業務も証券会社の業務として認められています。有価証券に関する情報の提供、有価証券の貸借業務、信用取引に付随する金銭の貸付け、保護預かり業務、累積投資業務、金地金の売買業務、CD(譲渡性預金)・CP(コマーシャルペーパー)販売、投資顧問業務、代理事務業務など様々です。

証券会社の種類

投資家が投資を行う際は、証券会社と契約する必要があります。投資家は、自ら証券会社を選択し、口座を開設した証券会社に注文を出すことで株式の売買をします。

証券会社の種類は大きく分けると2つあります。大手証券会社など店舗を持つ証券会社と、店舗を持たないインターネット専業の証券会社です。証券会社によって、手数料やサービス内容が異なるので、自分に合った証券会社を選びましょう。

店舗がある証券会社

店舗がある証券会社

全国に店舗網を持ち、主に対面での取り引きを取り扱っている証券会社のことです。規模によって、大手証券会社、中堅、中小と呼ばれます。対面営業型なので投資について相談ができるため初心者には安心なこともあるでしょう。情報量の多さが魅力ですが、窓口を持つ証券会社は概ね手数料が割高です。特に大手証券会社は、潤沢な資金で継続的に株取引をする法人・個人向けと言えるでしょう。

店舗がないネット証券

店舗がないネット証券

証券会社の4つのメーン業務のうち、主に委託販売業務を取り扱います。営業拠点を持たないため人件費などのコストが削減でき、手数料の値下げにつながっています。近年では、大手証券会社のネット証券への参入も進んでいます。口座開設から取り引きまですべてインターネットでできるうえ、少額資金でも手軽に始められることから、主婦や学生の利用も増えています。